FP3級【学科】2019年5月【問58】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.58

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の配偶者、長男、長女および二女の合計4人である場合、二女の遺留分の金額は、( )となる。
1) 1,000万円
2) 2,000万円
3) 3,000万円

遺留分は法定相続分の半分です。

1が正しい

本設問の場合、妻の法定相続分が6,000万円、子供3人合わせて6,000万円です。

6000万円÷3人=2,000万円が子供1人あたりの法定相続分になるので

遺留分はさらに半分の1,000万円です。

問59へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001