FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問28】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.28

先に下記の資料をご覧ください。(Q26.27.28で使います)

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第28問の資料

成田さんは、子どもの大学の学費準備として、6年後に400万円を用意しようと考えている。年利1.0%で複利運用しながら毎年年末に一定額を積み立てる場合、毎年いくらずつ積み立てればよいか。

652,000円が適切

今回のポイントは下記です。

 

  1. 使う係数は減債基金係数
  2. 係数がまったく分からない場合

 

【ポイント1】

使う係数は減債基金係数です。

 

『積立』というワードがでたら下記のどちらかです。

 

キーワード『積立』
  1. 減債基金係数→毎年の積立額はいくらか?(げんざい)
  2. 年金終価係数→積み立て後の金額はいくらか?(しょうらい)

 

係数早見表から6年の減債基金係数で計算します。

 

4,000,000円×0.163=652,000円が答えです。

 

【ポイント2】

係数が全く分からなくても解答できます。

 

ポイントは下記です。

 

  1. 6年後に400万円を用意
  2. 年利1%で複利運用

 

1により毎年の積立額は400万円÷6=66.666…万円付近になると分かります。

 

さらに2により年利1%で複利運用とあるので1の66.666…万円以下でなければ辻褄が合いません。

※仮に66.666円超だとすると複利運用しなくても400万円超えてしまうため。

 

よって可能性があるのは減債基金係数のみとなります

問29へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072