FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問29】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.29

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第29問の資料

荒木さん夫妻は、2021年6月にマンションを購入する予定である。荒木さん夫妻が<設例>のマンションを購入する場合の販売価格のうち、土地(敷地の共有持分)の価格を計算しなさい。なお、消費税の税率は10%とし、計算結果については万円未満を四捨五入すること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

1,800万円が適切

今回のポイントは下記です。

 

  1. 不動産購入と消費税の関係
  2. じっさいの計算

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

不動産の購入と消費税の関係を端的に述べると下記になります。

消費税
土地 なし
建物 あり

土地は消費するものではないという考え方からですね。

michi

 

【ポイント2】

資料より土地、建物を合わせた購入代金4,000万円のうち200万円が消費税です。

 

つまりこの200万円は建物に対する消費税(10%)という事が分かります。

 

ここから建物代を逆算します。

 

200万円÷10%=2,000万円

 

よって今回の購入代金4,000万円を明細化すると下記になります。

建物代 2,000万円
建物代の消費税 200万円
土地代 1,800万円

 

上記により土地代は1,800万円となります。

問30へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072