FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問36】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.36

先に下記の資料をご覧ください。(Q35.36.37.38.39.40で使います)

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第36問の資料

下記<資料>は、隆行さんの2020年(令和2年)分の「給与所得の源泉徴収票」(一部省略)である。<資料>の空欄( ア )にあてはまる所得控除の額の合計額を計算しなさい。なお、真理さんおよび亮介さんの合計所得金額はそれぞれ48万円以下である。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第36問の資料②

2,500,000(円)が適切

今回のポイントは下記です。

 

  1. 所得控除の種類
  2. 所得控除の合計金額

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

今回所得控除の対象となるのは下記です。

 

①基礎控除 48万円
②配偶者控除 38万円
③扶養控除 38万円
④その他控除の合計 120万円+4万円+2万円

※便宜上単位を変えています。

 

①資料より隆行さんの所得が2,400万円以下なので、基礎控除は48万円です。

所得税の基礎控除額とは

合計所得金額 基礎控除額
2,400万円以下 48万円
2,400万円超2,450万円以下 32万円
2,450万円超2,500万円以下 16万円
2,500万円超 なし

 

②配偶者控除を38万円受けられます。

 

設問と資料より分かることは下記です。

  • 真理さんの所得金額は48万円以下
  • 真理さんの年齢は70歳未満
  • 隆行さんの所得は900万円以下(収入が890万円なので)

よって配偶者控除の対象となり38万円の控除を受けられます。

所得税における配偶者控除

控除を受ける人の合計所得 控除対象配偶者 老人対象配偶者(70歳以上)
900万円以下 38万円 48万円
900万円超950万円以下 26万円 32万円
950万円超1,000万円以下 13万円 16万円
1,000万円超 なし なし

 

③扶養控除を38万円受けられます。

 

設問、資料より分かることは下記です。

  • 亮介さんの所得は48万円以下
  • 亮介さんの年齢は16歳以上19歳未満
  • 奈美さんは扶養されていない(源泉徴収票を見ると扶養親族の欄に『1』と記載)

よって扶養控除を38万円うけられます。

所得税における扶養控除

年齢 控除額 区分
0歳以上16歳未満 なし
16歳以上19歳未満 38万円 通常の扶養親族
19歳以上23歳未満 63万円 特定扶養親族
23歳以上70歳未満 38万円 通常の扶養親族
70歳以上で同居 58万円 老人扶養親族
70歳以上で同居以外 48万円 老人扶養親族

 

④その他の控除は源泉徴収票に記載されています。

ただし住宅借入金特別控除は所得控除ではなく、税額控除なので対象外です。

 

よって120万円+4万円+2万円=126万円がその他の所得控除となります。

 

【ポイント2】

今まで計算したすべての所得控除を合計します。

 

48万円+38万円+38万円+126万円=250万円が答えとなります。

納付する所得税が決まるまでの流れ

※分かりやすくするために簡略化しています。

 

納付する所得税は下記の順番で決まります。

  1. 損益通算
  2. 純損失の繰越控除
  3. 雑損失の繰越控除
  4. 所得控除(社会保険料控除、医療費控除など)
  5. 税額控除(住宅借入金特別控除など)

問37へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072